慰謝料と物的損害


交通事故の損害請求の中でも、知名度が高いのが慰謝料でしょう。交通事故によって、被ってしまった損害のうち、精神的・肉体的苦痛ということに対して支払われます。扱いが難しい部分も出てくるため、弁護士の力が発揮される部分のひとつです。入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、死亡慰謝料に分けることができます。実際の損害賠償請求の中でも中心的なものになってくるでしょう。

慰謝料いろいろと基準が決められていますが、等級などがどこに位置するのかということが論点になってくることも出てきます。非常に難しい部分があるともいえるでしょう。死亡慰謝料だけは、本人が死亡しているため、請求権のある相続人に支払われることになります。

最後に出てくるのが、物的損害です。自動車などのものが壊れる損害のことで、わかりやすい部分といえます。車の修理費が大きくなりますが、見積もりや請求書で請求することになるため、必ず取っておかなければいけません。経済的全損や買い替え差額といったわかりにくい考え方も出てきます。相手の出方などによっては、しっかりと保証されていかないことも出てきますので、細部にわたるまで明確に交渉できる弁護士の腕が必要となるといえるでしょう。